トップストーリーキャラクターグラフィックダウンロードイベントグッズスペシャル製品情報サポート
 
   
ショートストーリー
 
 
第6話
 
 
 
 
 
 
【 真奈 】
 
 
 
 
6: 【真奈】絶滅危惧種、一匹オオカミの秘密の放課後
 
図書室(昼)MANA雌豹のポーズで机に乗って真奈の前に対峙している。後ろには楽器が2個(エレキとアコギ)さりげなく置いてある。
 

MANA 「はろう♪ あ、ノートに詩書いてる! 見せて見せて!」

真奈  「げっ、なんであんたがここに!? って勝手に見るな!」

MANA 「figma化記念のガールズインタビューでしょ? あたしがいなくてどうするよ」

真奈  「まぁ、確かにあんたもfigma化されるみたいだけどね」

MANA 「うぉっ! なんというヤサグレた言葉……大丈夫?」

真奈  「……うるさいなぁ」

MANA 「もうちっと一般向けの歌詞を頼むよ〜〜。大人はわかってくれない的なオザキ風もいいけどさぁ」

真奈  「別にそんなんじゃ……」

MANA 「まぁ、新曲の方はかなり良いと思うけどねー」

真奈  「……めったなことバラさないでよね、本気でネ申から追放されるわよ」

MANA 「あ、しまった。くわばらくわばら♪」

真奈  「用事がないならさっさと消えてよね」

MANA 「つれないなぁ。もうちょっと愛想良くしたら? 友達できないよ?」

真奈  「そんなのいらない、人間強度が下がるから」

MANA 「うわっ痛い。ま、あたしは直接みんなに会うことないからいいけどね」

真奈  「だったら余計関係ないでしょ。ほっといてよ」

MANA 「でもモテないよ? 本当は人気者になりたいんでしょ?」

真奈  「べ、別に。そんなの目的で生きてない」

MANA 「かぁ〜っ! 可愛くない! あぁもうっ! 眉間にシワよりすぎだから!」

真奈  「……そんなよってないわよ」

MANA 「よってるよ! 定着したらどうすんのよ、自分が困るでしょうが!」

真奈  「わ、わるかったわよ」

MANA 「そうだ、あの話考えてくれた?」

真奈  「あの話? あぁ、市街征服するってやつ? 却下、意味わかんない」

MANA 「なんで〜!? 面白いじゃん! せっかくだしフジ○もびっくりの女ボスになろうよぉ!」

真奈  「今時ドロ●ジョ様でもない限り流行らないって。それにフジ○はボスじゃないし第一ボインが足りない」

 
背景図書室・真奈とMANAのと乳と太もものUP
 

MANA 「でも頑張って揉めば大きくなるはず、モミモミ」

真奈  「なにやっても無駄よ、あたしたちは生まれた時からそうなるよう決まってたんだ」

MANA 「ぐぬぬぬぬっ」

真奈  「諦めなさいMANA……もうこの運命(※貧乳のことです)は変えられないところまできているわ」

MANA 「しかしまぁ一度でいいから、志津野先輩みたいになりたいよね」

真奈  「そ、そりゃ……なりたくないと言えば嘘になるけど……」

MANA 「憧れるよねぇ、志津野先輩♪ ボインボイーン♪」

真奈  「ボインボイーン……」

MANA 「おっぱいぷるんぷるん♪」

真奈  「ぷるんぷるん……」

 
背景・図書室(夕)机で寝ていた眼鏡真奈、泉に起こされる
 
泉の声 「ね、起きて深雪さん、こんなところで寝てたら風邪引いちゃうわよ」

真奈  「ん……んん」

   「よかった、見つかって」

ボインッ。

真奈  「ぷるんぷるん……」

   「だ、大丈夫? いないから皆で探してたのよ」

真奈  「……しまった。い、いま何時ですか?」

   「えっと、5時ちょっと前くらいかしら」

真奈 「ヤバッ……行かなきゃ!」

   「え、あの、インタビューは!?」

真奈 「すいません、パスで!」

   「あ!」




…………




真奈  「……あたしには胸がなくても歌がある」

 
踵を返すMANA。楽器は背負っている。

『MANA、いくわよ』

   
 
 
 
© se・きららプロジェクト / Maxfactory